ホーム ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ ログイン カートをみる
 

古代エッヂド・カーネリアンとブラックビーズの黒ビーズネックレス

古代エッヂッド・カーネリアンビーズに山岳民族カレン族伝承の黒いグラスビーズを組み合わせたネックレスです。
このネックレスに使用しているエッジドカーネリアンは、インダス文明(紀元前2600年〜紀元前1800年頃インダス川周辺に栄えた文明:世界4大文明のひとつ)の古代都市遺跡「モヘンジョダロ」より発見されたものです。
カーネリアン(和名:紅玉髄)に、草の汁で白い模様を描き、400度ぐらいで焼く事により、石の色が【茶褐色】から【オレンジ色】のような明るい茶褐色へ変化すると同時に、白い模様が固着します。この模様は約4000年経過した今も消えることはありません。
エッヂッドカーネリアンは、インダス文明遺跡の「ドーラビーラ遺跡」で加工されていたようで、ココで沢山の加工用石材、工房などの遺跡も発見されています。当時もネックレスとして利用されていたようで、ネックレス状態で発掘されることも多いそうです。
エッヂッドカーネリアンは、インダス文明の最大の工芸品として、遠くエジプト文明や、メソポタミア文明にも海運(草船)を利用して輸出されていたようで、エジプト、メソポタミヤの王家の墓はもちろん、各地で発見されています。
ネックレス部分には、直径約2ミリの真っ黒なガラス製のビーズを使用しています。コレは、タイのカレン族に伝承されて来たものです。
トップのエッヂドカーネリンアには、表裏の【両面】に独特な文様が描かれています。蓮の花の中心部分を模ったものでしょうか?妄想がふくらみます。
その両脇には、丸いカーネリアンに、3個の丸い目玉模様が描かれています。
サイドの米粒大のカーネリアンもインダス文明遺跡からの発掘品を濃淡を合わせて配しています。

ネックレス留具部分は、金古美色のカニカンとダルマでしっかり固定出来ます。

当時の人々も、現代の私たちのようにコレクションとしてビーズを集めていた人もいたようで、【壺(土器)】に入った不揃い模様の各種のビーズが遺跡の住居跡から発見されています。
天然の石に焼付けられた模様は可愛くて、洒落ています。現代でも通用するようなアートです。いつの時代もアート作品に心奪われる人はいるのですね。
当時の人は、エッヂッドカーネリアンの色、模様を楽しんだだけでなく、長さ10センチを超えるも存在しており石と石がぶつかりあった時の音も楽しんでいたようです。

約4000年の時を経て、私たちの手元にやってきたアート作品。この先も大切に後の世に伝えて行きたいですね。

古代エッヂド・カーネリアンとブラックビーズの黒ビーズネックレス

価格:

64,800円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる













ネックレスの長さ:43cm(留め具を含む)

ネックレス全体の重さ:約10グラム

Top中央のエッヂドカーネリアンの大きさ:直径約13ミリ、厚さ:約8ミリ

Top両脇のボール型のエッヂドカーネリアンの大きさ:直径約9ミリの球形

ネックレス部分種類:オールドガラス製のビーズ(カレン族伝承ビーズ)

留め具:金古美色の真鍮製のカニカン

中糸:PE繊維(最高強度のポリエチレン繊維で、摩擦、水分に強い)

こちらの商品に使用しているビーズは、約4000年経過した発掘品のビーズのため、細かなキズ、欠け、汚れがございます。
経年により、模様の薄れた部分や変色している部分もございます。 なお、人為的な修復痕は見当たりません。

以上アンティークの特質をあらかじめご理解の上ご購入くださいませ。

■こちらの製品は、パーツの仕入れ、デザイン、加工まで一貫して当店でおこなってます■

ページトップへ